人生を変える読書!東京着物リメイクazu

2023/02/13 ブログ
天才読書

着物リメイクazuです。

 

今日、電車の中吊りの広告で、

「天才読書

人生を変える読書」

という広告を見ました。

 

天才、と言われている人達が選んだ本100冊らしいです。

 

この

「人生を変える読書」

というフレーズはなんとなく聞いた事がある言葉です。

実際、そんな題名の本もあります。

 

いや、これ本当だと思うのです。

 

最近は、

人生を変えるYouTube、

人生を変えるTikTok、

ももちろんありますね。

好きでアップしていたら、

有名になってデビューした、

なんてよく聞きます。

 

でも、

やっぱり本は凄いです!

本は最高の自己投資だと思っています。

 

ネットの情報だけでは、

そこまで知識にならないような気がします。

こんなにネット社会が普及したのなら、

みんな相当にお利口さんになっていると思われますが、多分そんな事はないですよね。

 

読書は、じっくりとその本に向き合う、

という姿勢で取り組むので入り方が違います。

 

うちは区の図書館が歩いて3分くらいのところにあるので、小学生の頃は毎日通っていました。

でも、中学受験で読書から遠ざかり、

そのまま、あまり読書をしなくなったような気がします。

その後、ものすごく大分経ってから、

何かモヤモヤしたものを抱えていた40代の頃に、

何かで読んだのだと思いますが、

とりあえず本を100冊読め!

というのがあり、

それを始めました。

とりあえずは、

近所の図書館に行って片っ端から借りてきて読んでいました。

そのうち、自分で購入するようになりました。

 

そうすると、何が変わったのか…

大分前の事なので、あまり覚えていないのが本音ですが、

でも、多分自分の中の何かが少しづつ変化していったような気がします。

最初はマインド的なものばかり読んでいました。

精神世界や、

スピ系、

要するに考え方、

どう思考するか、

どう生きるか、

みたいな。

もともとスピ系は嫌いではないので、

そうゆう本もたくさん読みましたね。

そして、

その後会社を辞めて独立することにしました。

それが読書と関係あるのかは定かではありませんが、

多分、関係あると思っています。

心が鍛えられたのかな、と。

 

とにかく何でも読んでみる、

というところから、

小説以外は何でも読むようにしています。

私も

読書で人生は変わる、

と思っている一人です。

そして、すごい人達はみんなものすごい読書量です。

私はせいぜい多くて月に10冊くらいですが、

みなさん、月に100冊くらい読んでいるのでは?

と、思ってしまいます。

そして、凄い人達は、どんどんすごくなっていく…

 

私は、母の影響もかなりあると思います。

86歳の母は、とにかくいつも本を読んでいます。

何十年も・・・

そして、しょっちゅう本屋に行って新しい本を買っています。

先日、母に

「そんなに読書してると、人と話しが合わないでしょ?」

と、聞くと

「そうね、大体、人の話しを聞くばかりになるから、あまり楽しくない。だから、人と会わないで1人で本を読んでいる方がいい」

と、言っていました。

なるほど…わかる!

母とは、

お互いにこの本良かったよ、

と本の貸し借りをしています。

読む本の好みも似ているので出来る事ですね。

 

要するに、

読書って、視野が広くなる事だと思うのです。

 

だから、本を読まない人とは視点がかなり違ってくる、と。

でも、読書は人に勧めてもダメですね。

先日もそんな事があり、

あ、そうだった!

人は変えられないんだ、

と反省したところでした。

 

読書をしないのは人生もったいない、

と思うほどです。

本屋さんに行けば、

ものすごくたくさんの種類の本を売っています。

 

私はタイトルだけで気になった本を買ってみます。

最近も、そんな本と出会い、とてもワクワクしてきたところです。

 

悩みがあれば、とりあえず答えになりそうな本を片っ端から読んでみればなんとなく答えが出ます。

人間の悩みなんて、

誰かが経験した事ですから。

 

私の読書タイムは電車の中とお風呂の中のみ。

読むスピードが速いので、

それでもけっこう読めます。

たまに電車を乗り越すこともありますが…

 

と、熱く読書について書いてしまいました。