箪笥に眠っている着物を救う⁉︎東京着物リメイクazu

2021/10/02 ブログ
箪笥に眠る着物達

あなたの箪笥にお着物眠っていませんか?

実家の箪笥にお着物眠っていませんか?

お母様の着物だったり、

お祖母様の着物だったり、

代々の着物だったり…

日本中の箪笥の中には8億点の着物が眠っている、と言われています。

びっくりですよね!

着物は捨てられない、

という事から、そんなにたくさんの着物が眠っていると思われます。

お家が広い地方の方などは、何代ものお着物が桐の箪笥に眠っているのではないでしょうか。

ただ何年、何十年も人目に触れずに眠っているだげなんて…あまりに可愛そうではありませんか。

そういわれても…

そのお着物ってとっても素晴らしいものなのです。でも、箪笥の中に眠っているだけではその良さは分かりません。

でも、着物なんて着ないから!

という方がほとんどだと思います。

そう、今は皆さん着物は着ないです。

特に、昔の着物を着る方はよっぽど着物がすきな方くらいですよね。

でも、

どんなに古いお着物でもお洋服に出来ます!

かなり昔のお着物は、裏地はシミがあったり、

色褪せたりしていますが、

表のお着物は綺麗な事が多いです。

ですから、

お洋服にすると、とても素敵です。

昔のお着物の柄もお洋服にすると、

あら、不思議!

なんとも素敵なのです。

着物リメイクワンピース

このお着物もかなり昔のお着物でした。裏地はかなり傷んでいますが、表は綺麗です。ただ、少し弱ってはいるので、別の裏を付けてワンピースにすれは、この通り!

とても素敵なワンピースになりました。

祖母の着物リメイクシャツ

このお着物は、私の祖母のものですから、

多分50年以上前の着物です。

傷んでいるところは補強をしてあげれば全くわかりません。

柄もモダンです。

着物の凄いところは何十年経ったものでも、

見事に蘇る、というところです。

お洋服にしてあげなければ、

ずっと箪笥にしまったまま、

引っ越しや、例えば保管していた方が亡くなったら、もう誰の着物かも分からずに処分する事になると思います。

昔の着物は今の着物よりも、

お蚕様の質が良く、

手触りが全く違って柔らかいのです。

そんなお宝が箪笥に眠ったまま、

というのはとても悲しいことです。

着物の正絹は、

軽くて保湿性、保温性、殺菌性など素晴らしい素材です。

是非、箪笥にしまったままのお着物を出して見てみてください。

そして、箪笥から出してお洋服として街に出してあげてみませんか?

私はそんなお手伝いをしています。

箪笥にずっと眠っているお着物達の魅力に気が付いて欲しい!

それを伝えたくてこのブログを書いています。

喪服の着物、帯からのワンピース